FC2ブログ
Qooからのメール。旅のこと。
2009 / 07 / 27 ( Mon )
くーの旅のお話をしよう

まずアトランタ行きの便の中で号泣していて
幸いにも前も横も後ろも日本人だったの

号泣してたからCAを呼ばれそうになり..笑

《これから1年留学するんです》

と言ったら慰めてくれた。

アトランタについてさっそく入国審査の場所を
間違えて並んだらしく。。。。
ここでも幸いにも「R」のカバンを見た
係員が場所まで連れっててくれた

入国審査は普通に通って..

くーは何回も国際電話にチャレンジしたけど
かからなくて少し泣いた笑

くーはびびりだからすぐ出国ゲートに行って
コンコースEからTに電車に乗って移動した

「R」のカバンを持ってたから
何人かの外国人に《私も『R』のメンバーよ!!》
と話かけられ握手を求められた

無事飛行機に乗り沢山の書類を機内で渡され
困っていたらとなりのブラジル人がまたまた幸いにも
英語を話せたもので書いてくれた

無事サンパウロに着いたけど
ココから大変だった


何回も着くか不安になって
泣きそうになったけど、泣かないと決めたから
泣かなかった、乗り換えで書く紙が英語VREがなくて
何書けばわからなくて
ポル語でブラジル人にはなんかいろいろ言われるし
本当超大変だったけど英語でいろいろ言ってたら
英語喋れる人が来て助けてくれて
なんとか乗換のとこに出て
チェックインも簡単だったけど
ゲートが何回も変わって大変だった

どのインフォに行っても違うこといわれて
最終的には

「そこまで連れてけ」って言った......笑

で、無事に着いたと!!!

意外にも自分が英語ができることを知った

さすが私!!!!

少しホームシックだけどご飯とかKちゃん(彼)とか..

だけど、泣かないと決めたからには泣かない!!



CIMG0352.jpg
追記:後ほど送ってもらった「R]のカバン写真



※「R」とは、娘の留学プログラム実施機関。国際的な慈善事業団体です
 「R」のカバンとは、派遣候補生から派遣生となったお祝いに、「R」から
 プレゼントされた、「R」のロゴ入りのバッグのこと。
 このバッグをもって渡航をすると、海外では留学生として手厚く扱って貰える。
 と、事前に伺っていたのですが、実際これほど、娘の力になってくれた
 とは! この留学プログラムがいかに国際的に信頼できる組織であるかを
 を実感しました。感謝の気持ちでいっぱいです。




●応援していただけると嬉しいです...
  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ

 ↑クリックで応援完了!



スポンサーサイト



18 : 03 : 21 | ブラジル7・8月 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
最初の写真
2009 / 07 / 26 ( Sun )
渡航中の37時間あまり、私自身ほとんど寝れなかった為
明け方に寝て、起きたらお昼過ぎ...(おか時差ボケ..笑)


2時過ぎに、夫婦で近所のオーガニックなカフェにて
ヘルシーな昼食をとった
ここは超おすすめなのでいずれあっちでもご紹介しますね


IMG_1036.jpg


食べたのは、今、はまっているヘンプバーガープレート
めっちゃおいしい天然酵母パンにアボカドディップとテンペの
バーガー。私は、食事療法実施中でベジタリアンなのです


IMG_1040.jpg


久々にゆったりカフェごはんで、満足..♥


夕食の買い物をして家に戻ると、Qooからの初メール


時間をみると8時台、時差はちょうど12時間なので
到着したその日のうちにホストパパがネット接続をしてくれたのだろう
なんとありがたい..多謝~



ネットつながったよ!!!    Qoo




DSC00529_1.jpg




1枚目はホストファミリーとの食事、空港の帰りかな?
渡航前にも娘から見せてもらっていたホストファミリー家族
左下の8才の末っ子ちゃんがとっても可愛い



DSC0053q1q.jpg



Qooの顔。
ちょっと驚いた。満面の笑みなんだが、満面の笑みに顔を作ってるみたい..
こんな顔みたことない。あーー、ホントはもの凄く疲れてるんだろうなぁ
でも、頑張ってこんな笑顔をつくれるのはえらい!褒めてやりたい!



そして、一緒にうつってる同級生のジェニーちゃん。
そう、このジェニーがQooの交換留学生として8月の末に日本に
やってくるのだ。
何度も書いてきたが、Qooの高校はジェニーを受け入れなかったので
別の高校へ入学することになり、我が家からは遠いのでホストファミリーに
なれなかった(たとえ、なったとしても私が病気になったので無理だっただろう)


でも、セカンドホストファミリーは私の実家だ。


Qooとジェニーは約1ヶ月コミニケーションをとってから
ジェニーは日本にやってくる


8月には私も迎えにいって、固くハグしてやりたい..


                   かなり大きそうだけど.....



●親の私も一安心です。応援よろしくです!

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ

 ↑クリックで応援完了!

11 : 02 : 47 | ブラジル7・8月 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
到着の電話
2009 / 07 / 26 ( Sun )
26日深夜2時に電話がなった、
予想より早い、着信音に飛び上がった私。
椅子から立ち上がったとたん、つんのめってしまった...ハハハ


Qoo:「もしもし、ママ、Qooだよ~」


私:「Qoo、ついたの?
   Qooぅぅぅ~~。ママ心配で心配でぇぇ~~
   良かったぁぁ~~
   あぁぁぁ。Qooぅぅ~。泣いてるの? 」


Qoo:「泣いてないよ...ママ泣いてるの?...笑
     意外と平気だったんだたよ。」


私:「あ~、よかったぁぁぁ。ホントによかったぁぁぁ
   ホストファミリーのパパにありがとうっていってね」


37時間前、搭乗前に電話をかけてきて泣き出したQooがうそみたい。
たったの37時間で一回りも落ち着いた、大人の声になっている
ような気がして、おどろいた。



電話を切った後の安堵感は、今でも忘れられない。



Qooは、ひとりでブラジルにいった、最初ひとり旅と聞いたときは
とても信じられなかった。でも「ひとりで行く。」と娘は言った。
よくやった。立派だ。ママは誇りに思うよ。
いつものようにくしゃくしゃに頭をなでて上げたいけど..
もう、手の届くところにはQooはいないんだね。
でも、Qooには今、ホストパパとホストママがいてくれる。


ちなみに、おとうさんはこの日、同窓会があり大酔っぱらいで帰って
きて、到着時間まで待てず床で爆睡していました。....笑



私も36時間振りにベッドに潜り込みました



●いよいよブラジル上陸!Qooのブラジル生活を応援してください

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ

 ↑クリックで応援完了!

06 : 28 : 26 | 出発へ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ホストファミリーにすがる
2009 / 07 / 24 ( Fri )
これ以上心配で悶々としていたら、病気になってまいそう
(病気だけど.^^) と、思いついてホストファミリーにメールを書いた


はじめまして、Qooののママです。
娘のホストファミリーになってくれてありがとう
よろしくおねがします
今、娘はアトランタ空港にいるんですが、
連絡がとれません。
私は、とても心配しています
娘がブラジルについたらすぐに、
コレクトコールで私に電話をしてください。
どうぞ、おねがします


ありがたいことに、程なく返事が来た



Não se preocupe, esta tudo bem. Assim que ela chegar aqui eu
peço a ela para telefonar.Grande abraço.



Don't worry, this fine. Once she get here i would ask her to call.
Big hug.



ポルトガル語と日本語で。
this fine って、連絡がないことはある意味良いことだ。ってことかな?
Big hug ! 良かった!あったかい人みたいで..


ありがとう。と返事をかくと、またすぐに、返事が来た
今度はポル語と日本語。


OK, pode ficar despreocupada.
Quando chegar peço a ela que telefone imediatamente.
Tomaremos muito cuidado com ela o ano todo.
abraço


わかりました、はeasiedある場合もある。 私はそれをいつ着くか
頼むすぐに電話をかける。 私達はそれと非常に年すべての心配をよ
取られた取る。 私は抱き締める



ニホンゴガ.......  


でも、よかった。
      Qooを抱きしめてくれるんだ



私は、この2通のメールで、心底安心することが出来た。
あとは、ただ、Qooが自分の力でミナスジェライス空港まで到着して
くれることを信じてやればいい。Qooなら絶対できるはず。


そしてそこには、熱く抱きしめてくれるホストパパと家族がいるんだから...


落ち着いた私。でも、娘に関すること以外は手につきそうもない私は


そう、4月頭の記事から放置していた、このブログを書くことにしたのだ
今度はPCで、ブラジル時間を確認しつつ、写真や資料を整理し、
一つ一つの出来事をかみしめながら、ブログを書く作業に没頭した。
それは、なぜかとても楽しかった。



※と、いうわけで4/6~7/21までの記事は、この日に一気に書いたものです
 ママンちゃんが感心してくれました。....笑


●最終目的地、ミナスジェライス空港まであと一息!応援してください。ぺこり。

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ




23 : 59 : 29 | 出発へ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
心配と後悔
2009 / 07 / 24 ( Fri )
娘の飛行機が飛び立ったのを見届けると
一時はひとつの責任を果たしたような、ほっとした晴れ晴れとした気持ち
になったものの、次第に気持ちは沈んでいった


「あ~、Qoo、今頃どうしてるかなぁ~」


30分起きにつぶやいた。



自宅にもどった時には、このところの不安定な天気は
またも家に到着したそのときに、最高の大雨を降らせた..
空は真っ暗になって、Qooのいない我が家も薄暗くさみしさが増した


夕飯におそうめんと簡単な食事を用意し、実家の母と3人で食べる。
若い娘がいない食事というのは、静かなものだなぁ~と、実感する


母が帰り、夕食の片付けをし、夫が寝床にはいってしまった頃には
心配と不安で何も手に着かなくなってしまった。ここからは、


「私、Qooがブラジルに着くまで、もうなんにもも出来ませんから」


モードにシフトダウンして、PCを世界の時計サイトにあわせて
ひたすら無事に到着するよう祈った。



img015.jpg



どうして、電話(グローバルなやつ)をもたせてやらなかったんだろう?と
後悔でいっぱいになった。
たとえ電話がつながったって英語も話せない親じゃ役に立たないし..という
判断だったけれど、(大喧嘩でやけになったものあるですが....^^)
たとえ役に立つことはできなくても声を聞かせてあげるだけで、
もどんなに娘を勇気づけ、励ましてあげる事が出来ただろう?
なんて冷たい親なんだ、私は...



夜中の4時に第一の乗り換え地アトランタ空港に着く。そこから7時間半の
待ち合わせ....この間に公衆電話かインターネットサービスで連絡を
とってくれる手はず。


が、結局なんの連絡もなかった。



アクシデントが起きてしまったかも?とは全く考えなかった。
意外に慎重な娘だ。電話等のチャレンジが失敗したらきっと7時間半
じーっっと動かないで次のサンパウロへの搭乗をまつだろう...



しかし、



もう心配が限界だった。



●無事ベロホリゾンテに到着するでしょうか?応援してください

  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学へ

02 : 47 : 22 | 出発へ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ