FC2ブログ
慰労会
2009 / 06 / 14 ( Sun )
IMG_0952.jpg
美味しかった牛のたたき



最終オリエンテーション解散の後は
派遣生と在日生を除いた大人の面々での慰労会がありました。


ここでは全てのメンバーがスピーチ。


私は、自分のスピーチでやはり泣いてしまったのですが...


それを受けた委員の方、涙ながらに....


「皆さん!Qooだけは、特別あつかいしてやってください!
 お母さんがご病気になられて、もしかしたらQooは...


 途中で帰ってこなければならないかも知れませんっっ! 」


(ひえぇ~~。私、殺されるぅぅ~~  笑 )




一年間共に過ごした、親御さんともお酒を飲みながらゆっくり話すことが出来ました
私達はRXになぞられて、ママXなんて呼ばれるのですが、今後はホストファミリー
になるかたがほとんど、そして今年度の派遣候補生の相談役になったりします。
せっかく仲良くなったママX、これからも仲良くしたいなぁ~


 
スポンサーサイト



21 : 16 : 37 | 留学前オリエンテーション期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第8回最終オリエンテーション
2009 / 06 / 14 ( Sun )
IMG_0950.jpg


最後のオリエンテーションとなりました。


この日は在日留学生と派遣候補生それぞれが、一年間の思いをスピーチ


在日生はみんなお約束のように


「ワターシハ、ニホンガダイスキデス。
           アリガトゴザイマシタ」



って言ってましたねぇ~~。 きっと本当の気持ちでしょう。




それにしても、一年間日本に滞在した留学生は驚くほど日本語が上手になっていました。
スピーチは日本のホストファミリーも応援にきて、記念撮影、パチリ。




IMG_0935.jpg



そして、いよいよ娘達候補生のスピーチ



実は、私は心配していました。
娘は、隣に座っている待機中から、非常に緊張しているようで
娘の固い気持ちが伝わってきました。


いつも家で練習していたスピーチを普段よりも固い表情で話した後に


「私の大切なひとが、病気になってしまいました (中略)
 私は一時は留学を辞めようと思ったけれども、
 私の留学は、大切な人の夢でもあり、強い勧めががあったから
 その人を残していくのはつらいけれど、私はブラジルに行ってきます。」



途中でこらえきれず、涙をこぼしながらも必死で最後までしっかりと話しました。


私も、涙をこらえることが出来ませんでした。


私の病気については、知ってる方が多かったので、図らずも会場全体が涙。
に近い状況に..


どうして、こんな運命が私に、娘に訪れたのか?
この試練を乗り越えることに、私達の人生の意味があるのか?



病気が解って以来、私ひとり思い悩むことが多々ありましたが、あらためて、
娘の涙のスピーチを聴いて、こんなにも娘が胸を痛めていたのかと思うと
やりきれない気持ちになりました。



ごめんね。万全の体制で送ってあげられくて.....



でも、ママが病気になった分、Qooのことはママ以上に、
みんなが支えてくれることになった。
悲しまないで、みんなに感謝して、しっかりとブラジルで意味のある
一年を過ごして欲しい..



IMG_0939.jpg


大変お世話になった、RX会長のSさんから証書を渡される娘。


これで派遣候補生から、派遣生になったんだね。


おめでとう。


一年頑張ったよね。ブラジルで羽ばたいて欲しい。


IMG_0947_1.jpg


記念撮影。みんな羨ましくなるくらい良い表情をしていました。


IMG_0938.jpg


その後は、去年の冬に作った「かざり寿司」を派遣生が持参しパーティー



スポンサークラブの皆さん
交換留学プログラムのボランティア委員の皆さん
RXの皆さん、本当にお世話になりました。
感謝の気持ちをこめて、心からありがとうございました。




みんな、夏には世界中に飛んでいきます。



11 : 31 : 25 | 留学前オリエンテーション期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホストファミリーとのコミュニケーション
2009 / 06 / 12 ( Fri )
gview3.png gview2.png gview.png


娘の出発を7月の23日の金曜日に決める。


この頃、私が気持ちも実際も病気のことでいっぱいになりがちな中、
娘はファーストホストファミリーと積極的にメールにてコミュニケーションを
とっていた。


美しいブラジルは、ミナスジェライス州の写真やご家族の写真を
沢山送って頂き、それを見て、娘も興奮している



娘:「あ~、楽しみだなぁ~」



ほんとに楽天的な娘。
私だったら、とてもひとりで地球の裏側には行けないし、
もしそんな羽目になったら(笑)、死にものぐるいでポルトガル語を勉強するだろう。
娘はほぼ、勉強してません。英語もままならないのでは?...




私:「あ~、心配だなぁ~」




20 : 08 : 32 | 留学前オリエンテーション期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
娘と箱根旅行
2009 / 06 / 06 ( Sat )
留学前にささやかな旅行に行きました。
残念ながら、父親は仕事の為休みがとれず、母娘旅行。行き先は箱根。
本当はユニバーサルスタジオに、と思っていたのですが
折しも「新型インフルエンザ」が関西で流行していた時期。泣く泣く
箱根に変更


docterfish_1.jpg


箱根旅行の詳細はこちらのブログから    




↑は、箱根ユネッサンで唯一面白かったドクターフィッシュ。
こんな風に記念写真を撮ってくれます。二人とも食べ過ぎで胸から下はカット!!..笑




やっぱり、おまけ。全然フィッシュいませんね。
むさそ~な男の人の足に人気が集中してました




img009ashi.jpg



この旅行で娘は留学を、私は病気を、
それぞれのハードルをしっかり、前向きに乗り越えるよう、誓いました。



私は手術の前に半年間の術前化学療法があり、もしかしたらそれは
大変しんどい状況を招くかも知れません。この旅行で、もしも私が
つらい状況の治療下にあっても、Qooはかならず7月中にブラジルに
旅立とうと約束しました。
そして10ヶ月間の治療を終わらせ、しっかり病気を完治させて、ママも
6月にはブラジルに行くからね。と約束。


私が病気になったことで、娘の留学もまたちがった意味をもつことになりました。


容易な道のりではないけれど頑張らなければ...


IMG_0813.jpg


帰りの御殿場から観た富士山は本当に美しかった


19 : 38 : 29 | 留学前オリエンテーション期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ブラジル交換留学委員にお会いする
2009 / 05 / 23 ( Sat )
ROTimg0072_1.jpg


留学プログラムの母体となっている、慈善事業組織の国際的な
会議があり、娘のブラジルでのスポンサークラブとなってくださる役員の
方も来日する。ということで、パーティーに参加させて頂くことになりました


場所は参宮橋の青少年オリンピックセンター。私の仕事でもお世話になって
いる場所。折しも大会が開かれており、図らずも都内や神奈川の仕事仲間
にあうこととなる。と、これは余談


恰幅のよいブラジル人役員の方(名前を失念...^^)はいかにも陽気な南米系
お金持ちのおじさま。といった感じで安心感をもつ


「Qooを自分たちの娘だと思って、お預かりしますから、
 お母さんはどうぞ、安心してください」

とおっしゃってくださった。

このパーティの時点では、まだ私の病気についてはお伝えしていなかった
(娘にもまだ話していなかった)が、このときにブラジル交換委員の方にお会いして
本当によかった。安堵感に胸をなでおろした。

18 : 08 : 58 | 留学前オリエンテーション期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ